湘南藤沢スタイルはここが違う

不動産にリピーター!?『高い顧客満足度』

土地を買う。家を買う。一生のうちにそう何度も経験することではない、たぶん人生で最大の買い物です。
そんな大事なことでありながら、物件は充分吟味しても、不動産会社自体は、他と比較することがほぼ無いでしょう。
その状況が、いまだ旧態依然とした多くの不動産業者を生んでいます。

私たちには、不動産を買いたい・売りたいというお客様はもとより、買い替え、買い増しのお客様、そして何より、以前当社をご利用いただいた方々のお友達やお子様といった、不動産業者としてはめずらしい、いわゆるリピーター/フォロワーの方が大勢いらっしゃいます
そういった方々からお話をいただく度、満足していただけたんだとホッとするとともに、私たちが目指す「不動産仲介」が、間違っていなかったと再確認しています。

なぜ選ばれ、そして満足されるのか『私たちの「三つのスタイル」』

では、なぜ皆さんが湘南藤沢スタイルを選び、そして満足していただいているのでしょう?大きな理由は次のに挙げる三つ。
同時にその三つが、私たちが目指す「不動産仲介」そのものであり、他社との違いを際立たせている部分なのです。

仲介手数料が安い - 慣例を破る、仲介手数料(1.5% + 3万円)を実現。

みなさんが物件を探してらっしゃるその段階で、目に見えて分かる私たちの「スタイル」。
それこそが仲介手数料1.5%+3万円(法定上限3%+6万円の半額)

これが決め手となり、当社にご依頼いただくお客様の実に多いこと。
つまり「湘南藤沢スタイルを選ばれる理由」ランキングの堂々No.1の理由がこの仲介手数料の安さです。

業界の慣例、仲介手数料「3%+6万円」は妥当ではない

仲介手数料は、不動産価格の3%+6万円(速算法)とするのが常識のように思われています。
しかしこれはあくまでも、「これより高く取ってはいけない」という手数料の法定上限であって、それが絶対的な額ではないのです。
これは適正な価格とは言えません。私たちはまずそこから見直していきました。

なぜ「1.5%+3万円」が可能なの?

不動産業の2大コストは、人件費と広告費です。
特に広告費は、みなさんが新聞折込や自宅ポスト投函などで日々頻繁に不動産広告を目にされるように、各社相当額を広告費につぎ込んでいます。
広告費の削減を検討した結果、私たちは広告をインターネットに絞り込むことにしました。

無駄な投げ込みチラシ、新聞折込を廃止し、広告を撒く人件費、紙代、印刷代を根こそぎカット。
そうやって広告のスタイルを大転換し、不動産業界の常識ともいえる過剰な広告コストを大幅に削減。
その結果、仲介手数料を抑えることが可能となったのです。

また二次的効果ですが、インターネットを核としたために、物件情報更新のスピードアップ、さらには物件の売買のサイクルも飛躍的に短期化され、より多くの物件を扱えるようになりました。
これにより業務になんら無理をすることなく、現在の仲介手数料1.5%+3万円が実現できています。

しかし、実は中古一戸建て・マンションなどと土地の購入・売却に対する仲介手数料につきましては、残念ながら「1.5%+3万円」を実現できておりません。また、一部の不動産については、仲介手数料を3%+6万円(税別)を頂く事があります。
物件の適正な評価をするための物件調査費用がかかるのと、売主様から要望される広告等の費用発生により、コストが増大するのがその理由です。

だからといって「3%+6万円」を肯定するつもりはありません。
単にお安くするだけでなく、旧来の仲介手数であったとしても、お客様に何らかの形で還元することができるよう、私たち湘南藤沢スタイルは考え続けています。

Q. 湘南藤沢スタイルだと、たとえば手数料は具体的にどのくらいになるの?

当社でご購入していただいた場合の仲介手数料は下記のようになります。
ご購入する不動産は同じでも、仲介する業者が違うだけでこれだけ手数料に差がでます。

A. 新築一戸建てを購入した場合

※ わかりやすいよう価格はすべて税込み価格で設定しております。

A. 中古一戸建て、中古マンション、土地等の購入・売却の場合

中古一戸建て、中古マンション、土地等の購入・売却に関しては、物件調査費がかかるため、仲介手数料を物件価格の2%+6万円とさせていただきます。
また一部の不動産については、仲介手数料を3%+6万円(税別)を頂く事があります。尚、該当物件については弊社スタッフにお問合せ下さい。

※ わかりやすいよう価格はすべて税込み価格で設定しております。

決算・アフターサービス - 営業部 / 決済・アフターサービス部による二人体制で、顧客満足度の追求。

お客様担当を、物件探しから売買契約の申込に至るまでのフォローに当たる営業マンと、売買契約以降の様々な手続き(契約、住宅ローン審査・申込、保険申込等々)から物件引き渡しまでをフォローする決済・アフターサービス部担当者の二人体制で、お客様にきめ細く対応をいたします。
物件を探してらっしゃる段階ではなかなか見えてこない部分ですが、不動産業をサービス業と考える私たちは、ここに重きを置いています。

特に売買契約以降は、実は一般的に「不動産業者に対する不満が最も集中する部分」です。そこを営業マンではなく決済・アフターサービス部が専任の担当となることで、お客様にご好評いただいています。「満足度の高さ」は、この部分の取りこぼしの無さが大きく影響していると自負しています。

一人の営業マンではお客様への対応が不十分

二度目の不動産売買で私たちを選んでいただいたお客様から、以前ご利用になった不動産業者への不満をうかがう事があります。
そのほとんどが、契約以降からお引き渡しまでに集中している事をご存知でしょうか?

気に入られた物件を選び契約、そのあとは煩雑な諸手続きがみなさんを待っているのです。
「税金」「住宅ローン」「保険」などなど、物件を決める以上により専門的な知識が必要なその時に、営業マンがつかまらない(物件紹介のため、事務所にいることは少ないでしょう)、連絡が取れてもすぐにアドバイスをもらえない(外にいるのでは、手元にお客様のデータを持ち歩いてはいないでしょう)、こういった不満を頻繁に耳にします。確かに一人の営業マンでカバーしきれるものでは到底ありません。では担当を増やせば良いのでは?と誰でも思いつくはずです。

ところがどうでしょう。現状では多くの不動産業者が一人担当制を貫き通しています。それは何故か。
「不動産業というものが流動性の低い業種であるために、顧客満足度を上げることがほとんど利益に繋がらない」、そういう考えが業界にまかり通っているからです。

独立して決済・アフターサービス部があると素早く細やかな対応ができる

決済・アフターサービス部が契約以降の業務を専任担当することで、煩雑な手続きに対し、お客様に細やかな対応ができ、同時に手一杯であった営業マンを解放し、営業業務に集中させることができました。それによって契約件数自体が増加し、さらには仲介手数料半額を行える、経常利益ベースでは他社に負けない組織力を持つに至りました。言ってみれば、お客様のためだけではない、私たちの業務の効率化さえ成し遂げることができたのです。

湘南藤沢スタイル(二人担当体制)での不動産購入の流れ

住宅ローンに強い - 住宅ローンに強い。金利が低い。~ 銀行からの評価と実績。

決済・アフターサービス部で扱う業務のうち、特にお伝えしておきたいものがこの「住宅ローン」についてです。
一般的に、お客様個人が金融機関に出向いて住宅ローンの融資をお願いするよりも、不動産会社を通しての方が有利です。
その不動産会社が金融機関から、実績を高く評価されている場合には、さらに優遇された金利を引き出すことが可能となります。

私たち湘南藤沢スタイルは、年間200件前後の紹介数を誇り、湘南藤沢エリア内で大手に負けない契約実績を持ちます。その結果、湘南藤沢エリア大手都市銀行に於い、大小数ある不動産会社の中でもトップクラスの融資を得ています。
この融資元との信頼関係、これは「優遇金利」へと繋がる実績であり、お客様へと還元できる、私たち湘南藤沢スタイルの財産のひとつです。

住宅ローンを選ぶ難しさ

一口に「住宅ローン」といっても「金利変動型ローン」「金利固定型住宅ローン」を代表格に、近年人気の高い35年間全固定型住宅ローンなどなど多種多様です。さらに、住宅ローンの種類、期間、金利、そして金融機関の選択と、比較・検討すべきポイントは山のようにあるわけですから、一般の方には本当に自分にあったものを選ぶことは至難の業と言えるでしょう。その大量の住宅ローン商品の中から、選択と提案を行うのも私たちの仕事です。

「湘南藤沢スタイル」を通じで住宅ローンを申し込むメリット

個人の方が普段付き合いの無い金融機関に行って住宅ローン融資の打診に行ったとしても、融資を受けてはくれないでしょう。
それは金融機関にとってあなたの信用が未知数であるからというだけではないのです。「住宅ローン」と言う金融商品を融資する絶対条件である「購入する不動産」の信用度もまた、金融機関にとって未知数だからなのです。
それが上の図「個人の信用度+不動産物件の信用度=融資金額の決定」ということです。

では、湘南藤沢スタイルから申し込む場合はどうでしょう?
「借りる人の信用」と「不動産の信用」は私たちが調査して担保を付けるわけですから、金融機関側にとってのハードルはとても低くなり、融資を決定しやすくなるのです。

湘南藤沢スタイルで住宅ローンを申込するメリットはそこだけではありません。
審査から申込までに必要な多種多様の書面の記載と書類の準備を代行しますので、専門的で面倒な作業をいくぶんか簡略化させられます。
そして最大のメリットが、金利を優遇してもらい、更に低い金利で借りられるという点です。
一般に、不動産会社で住宅ローンを申込みする方で、金融機関の発表そのままの金利で借りている方はいらっしゃいません。優遇金利を適用させて、発表されている金利よりも低い金利で借りられています。
この優遇金利を引き出す手立てや能力が、不動産会社によって異なるのです。

始めに申し上げたように、私たち湘南藤沢スタイルは湘南藤沢エリアに於いて金融機関から、高い評価を得ています。
実績として、通常金利2.475%に対し金利優遇として-1.5%~-1.7%を得て、実質0.975%~0.0775%という、1%を切る条件で融資を契約(※)しています。つまり、上の図で言うところの「不動産会社の信用度」が、他社とは違うということなのです。
※ お客様・購入物件・融資金額等の条件により金利は変わりますので、あくまでも実績事例としてお考えください。

この高い評価は、私たちが築き上げたというよりは、湘南藤沢スタイルをご利用され、融資を受けられているお客様とともに得ることができた、実績に依るものであり、そうして得た財産を新たなお客様と共有するのは当然のことと、私たちは考えています。

お寄せいただいた皆様からの声

  • 「4,480万円の一戸建てを購入、仲介手数料は法定上限の半額で737,100円でした。ということは、倍額だと1,474,200円!やっぱり半額って実際かなりお得です!」
  • 「家を買うって契約を終えてからが大変だよ、と経験者から聞かされていたので心配でしたが、専任の決済・アフターサービス部の方がいつでも面倒を見てくれたので、何の不安もなく購入できました。」
  • 「銀行での住宅ローンの相談では無理だと言われショックでした。諦めきれずにいた時に、友人からの紹介で湘南藤沢スタイルに相談。半信半疑で購入可能な価格帯を計算してもらい、物件を決め、住宅ローン手続きもお願いしたところ、あっけない程簡単に融資が決まりました。」
  • 「物件探しから、契約、ローン審査・申込と、とにかくスムーズ。早かったという印象です。」
  • 「手数料が、よくある3%+6万円の半額。これで意外と馬鹿にならない金額が浮いたので、キッチンをアップグレードしちゃいました。」
  • 「大丈夫ですよと言われてましたけど、住宅ローンの審査結果が出るまでちょっとドキドキでした。結果、金利1%切ってました!」
    ※ お客様・購入物件・融資金額等の条件により金利は変わりますので、あくまでも実績事例としてお考えください
  • 「2,500万円でマンションの売却をしました。住宅ローン残高の関係もあり指値を受けたくは受けたくはなかったのですが、湘南藤沢スタイルさんだと仲介手数料が他社より25万円ほど安かったので、その差し引き分を指値に充てて、十分に残債を支払える売却となりました。こういう融通が利くのが仲介手数料が安いメリットですね」
    ※ 中古一戸建て、中古マンション、土地等の購入・売却に関しては物件調査費がかかるために、仲介手数料を物件価格の2%+6万円とさせていただいております。法定上限との違いの「1%」の部分が、このお客様のケースでは、25万円ほどとなりました。
  • 「買い替えでお世話になりました。以前使った不動産屋さん、売買契約までは良くやってくれたのだけれど、契約後はとたんに対応が鈍くなり、手続きの手際も悪くてとにかく面倒だった。そんな経験があったんで、今回も覚悟はしていたんだけど、良い意味で裏切られました。こまごまとした手続きの専門担当がいてくれるのは、本当に助かりました。やっぱりそれぞれ 扱うものの種類が違うんだから、それぞれの担当がいるのは当然だね。」

湘南藤沢スタイルのページトップへ戻ります